フジモンとユッキーナの離婚から学ぶ夫婦円満な方法4選

未分類

こんばんは、マナウサです(^^♪

年が明けましたね。皆さんにとって良い一年になる事、願ってます。

さて年明け最初の記事については、最近の「フジモンとユッキーナの離婚」について語っていこう

と思います。本当は年明けだから、もっとハッピーな記事にしたいと思ったんだけど。

お正月、親戚が集まった時に旦那側の兄と姉夫婦が今年派手な喧嘩してね~って話を聞いて

夫婦が仲良くやっていく為に、恋人達がいい関係でいられる為に。

結婚して5年の30代主婦が思う事を書き綴ってみます。

家はお互いにグデタマ状態が許される場所であるべし

家はお互いに、ぐでたま状態でいられる場所であるべし。

フジモンとユッキーナ夫婦のお家では、フジモンの専用スペースというものがなかったらしい。

それはお互いの関係を悪化させる事に繋がると思うんです。なぜなら多くの方は何かしら外で

長時間、様々な緊張感の中、働いていたりする事が多いかと思います。全ての緊張感から解き

放たれて、どんな状態の自分でいれる場所、そんな場所がなかったら、家にいても休まる時間が

ない事になって、家に帰りたくない気持ちになってしまうのではないでしょうか。

家族の為に外で頑張って来たのに、これじゃ何の為に、頑張っているのかも分からなくなって

しまう。

家はお互いに綺麗にする気持ちを持つべしだが程々に

フジモン夫婦の場合、排水溝などの、ちょっと掃除するのに気合がいる場所などをフジモンに

させていたそうです。もしこれが本当ならば、それはフジモンが可愛そう。誰でも、排水溝の掃除

は気持ちがすすむものではない。それを片方に押し付けてしまうのは、自分だけが良ければいいと

いう傲慢以外の何ものでもない。自分1人だけの家ではなく、家族の家。自分も使用しているならば

自分も掃除して当たり前。一方的に誰が一人に押し付けるのはそれは、思いやりが欠落している。

家庭が気持ちよく過ごせる為のスペースである為の努力はお互いがするもの。

だけど、だからと言って家の全てを綺麗にしないとと思うと、少し散らかっているだけでストレス

に感じてしまうので、多少散らかっていても、まぁいいかと許せる位の気持ちでいたほうがいい

のかもしれない。

小さな事でも感謝の気持ちを持って

ありがとうとゴメンネは必ず言葉で伝えて

どんな些細な事でも、ありがとうは必ず伝える事。

そして、自分が少しでも悪いなと思ったらすぐに謝る事。

こんな当たり前な事こそ出来てない事が多い。奥さんがご飯を作って当たり前とか、

旦那さんが働いて当たり前とか、そんな風に思ってはいけない。

当たり前なんて事は一つもないのだから。

ごめんねというのも、少しのプライドが邪魔して言えなかったりする。だけど、少しでも悪いと

思うのなら、すぐに謝ったほうが、円満にいく事の方が多いと思う。溝が広がる事って些細な事の

積み重ねの結果起こる事が多いのだから。

 

もとは他人なんだから分かり合えて当たり前という考えは捨てよう

付き合いが長くなったり、過ごす時間が長くなると、自分の事分かってくれて当たり前とか

いつの間にかそう思ってしまいがちになる。だけどそう思ってしまうと、言葉が足りなかったり

して、誤解を生む事に繋がってしまう。長く過ごす事で、分かり合えている部分が増えている

のも事実あるとは思うけど、元々は違う環境の中で育った別の人間である事を忘れたらいけない。

これからも仲良く一緒に居続ける為に、思っている事、お互いに聞き話し合う事はまめにしたほう

がいい。これはしてやりすぎという事は決してない。

自分の事をこれからも分かって欲しいのなら、自分の事を相手に話す事、そして相手の事も知ろう

と努力する姿勢は一緒にいる限り、持ち続けるほうがいい。

まとめ

まだまだ、夫婦になって5年程の未熟者ですが、フジモンとユッキーナの離婚は、ショックな

ニュースでした。憧れのご夫婦で応援していたので。正月に義姉と義兄夫婦と会った時に、大きな

喧嘩をした話も聞いて、安定そうな夫婦に見える所でもそんな事ってあるんだなと思い、夫婦って

どうしたら上手くいくのだろうかと思い、綴ってみました。いかがだったでしょうか。

世の中のご夫婦やカップルの皆さんが、心穏やかで幸せに過ごせますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました