八男って、それはないでしょう!のアニメ放映日や原作小説あらすじネタバレや声優など

アニメ

こんばんは、マナウサです。(^^)

2020年4月2日より放送される新アニメ『八男って、それはないでしょう!』のアニメ化が発表されました!

今回は原作のあらすじ、ネタバレ、発表されている声優などを紹介していきます。

 

八男って、それはないでしょう!の原作とは?

原作者:Y.A

イラスト:藤ちょこ

出版社:KADOKAWA

レーベル:MFブックス

略称は『八男』。

『なろう小説』『なろう系』のワードでお馴染み、小説投稿サイト『小説家になろう』でオンライン小説として2013年6月~2017年3月まで連載していたファンタジー小説

全163話。

完結後、外伝作品「八男って、それはないでしょう! みそっかす」を同サイトのオンライン小説として2017年3月より連載開始。

2014年4月からMFブックスにより書籍化され、シリーズ累計25万部を突破!(現在18巻まで発売)

この他、作画:楠本弘樹による漫画版が、WEBコミック誌『ComicWalker』にて連載中。(現在7巻まで発売)

 

八男って、それはないでしょう! あらすじネタバレ

二流商社に勤めて3年目のサラリーマンの『一宮信吾』がある朝目覚めると、そこは異世界の下級家族の家。(3つの村、計800人の村人の領地を治めている)

現当主:アルトゥル・フォン・ベンノ・バウマイスター(バウマイスター家)の八男

『ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター(5歳)』(通称:ヴェル

になっていた。(意識が乗り移った)

そこは中世ヨーロッパに似た異世界で、父より『家名を告げる可能性はほぼゼロ』と言われたヴェルは前世の知識と、ヴェルの中の知識、そして生まれ持った魔法の才能を磨いて、家を出て自立する為に、修行に明け暮れる日々を送る。

家族関係はそれほど良好ではなかったが、五男の『エーリッヒ』は聡明で非常に優しく、『ヴェル』に色々な事を教えてくれ、唯一信頼できる相手だった。

ある日、領地の森に『語り死人』と呼ばれる、生前に残した未練を果たそうとする死霊と出会う。

領地の悩みの種でもある、魔物の巣窟『魔の森』で森で亡くなった、近隣のブライヒレーダー辺境伯領のお抱え魔法使い『アルフレッド・レインフォード』(通称:アルフレッド)だった。

30歳の青年『アルフレッド』は若くして天才的な稀代の魔法使いだったが、主であるブライヒレーダー辺境伯領主の命令にて『魔の森』への無謀な進軍に同行させられ、そこで味方を逃がす為に戦い続け、命を落とした。

しかし、人生で得た膨大な量の知識と魔法をこのまま失うのは惜しいと思い、授けるに値する弟子を死後も探していた。

そしてついに、授けるに値するとてつもない魔力と可能性を秘めた『ヴェル』を見つけ、姿を現したのだった。

『器合わせ』と呼ばれる魔力の上限底上げや、2週間の魔法の修行により、『ヴェル』は数十年分の修行でも得られないほどの成果を得る。

そして最後の修行は、『聖属性』の魔法によって、師匠であり『アルフレッド』を成仏させる事だった。

そして、遺産として『ヴェル』は魔力が込められたローブ、自由な属性の刀身を出せる魔法剣、財産の大半が入った『魔法の袋』を受け取る。

魔法の袋』は

・口が自由に広がるのでどんな大きい物でも入る

・内部は使用者の魔力に応じて容量がどこまでも大きくなる

・中の物は劣化する事はない

という、とんでもない性能を秘めたマジックアイテムだった。

その中には、『アルフレッド』が遠征時に持って行った全兵士の食料や装備、オリハルコンやミスリル製の刀剣、莫大な財産やアイテムが入れられていた。

 

そして『ヴェル』が7歳の時、長男『クルト』の結婚が決まった事により、次男は親戚筋の家臣の家に婿入りし、三男『パウム』、四男『ヘルムート』、唯一信頼できる五男の『エーリッヒ』も王都に、兵士や下級官吏の試験などを受けにいくなど、家を出る事となった。

この世界では15歳で成人と認められ、自由に家を出る事ができるが、7歳の『ヴェル』にはまだ家を出る事はできなかった。

その為、残された家にて『ボッチ生活』を送る事となった『ヴェル』は更に修行に明け暮れ、『飛翔』『瞬間移動』という、某ゲームに出てくる『ルーラ』、又は某マンガの『武空術』のような魔法を取得し、ついには『魔の森』を超えて海や、ブライヒレーダー辺境伯の主要都市『ブライヒブルク』へまで行ってしまう。

一度行った場所を登録すれば、その後は『瞬間移動』にて自由に一瞬で行き来できるようになり、それを利用して『味噌』『醤油』『米』などを生成する事に尽力する。

そして『ブライヒブルク』にある冒険者ギルドが運営する『冒険者予備校』には12歳で入学する事ができると知り、『ヴェル』は入学を決意する。

入学試験では実技試験、筆記試験、魔法試験などがあり、『ヴェル』は魔法試験の特待生として学費免除で入学する。

その後、同じく特待生で入学した『エルヴィン・フォン・アルニム』(通称:エル)、『イーナ・ズザネ・ヒレンブラント』(通称:イーナ)、『レイーゼ・ヨランデ・アウレリア・オーフェルヴェーク』(通称:レイーゼ)と仲良くなり、4人でパーティーを組む。

その後、ブライヒレーダー辺境伯主催の『園遊会』に呼ばれた『ヴェル』は、そこでブライヒレーダー辺境伯の若き当主と、そのお抱えの魔術師『ブランターク・リングスタット』(通称:ブランターク)と出会う。

ブランターク』は師匠であった『アルフレッド』の師匠であり、『ヴェル』から事の真相を聞き、『ヴェル』に協力する事を約束する。

その後、王都にて下級官吏となっていた五男『エーリッヒ』から、結婚式に招待された『ヴェル』は仲間、『ブランターク』と共に飛行船にて王都に向かう。

その移動中、古代竜のアンデッド『ボーンドラゴン』(骨竜)に襲われるも、『ブランターク』と協力してこれを退治する。

その功績が認められ、『ヴェル』は父を超える『第六位準段爵位』と、勲章の受勲を受ける。

本人の意志とは逆に、地位や存在がどんどん大きくなっていく『ヴェル』、それを利用しようとする父の家臣、疎む長男など、様々な人たちの思惑が動いていく…。

 

八男って、それはないでしょう!の声優は?

エルヴィン <CV:下野紘>
貧乏騎士爵家の五男で、剣が得意なヴェンデリンの親友
フルネーム:エルヴィン・フォン・アルニム

 

 

ローデリヒ <CV:高塚智人>
ヴェンデリンに仕える事を望む、「槍術大車輪」を得意技とする槍の使い手

 

 

 

 

ヴェンデリン(幼年) <CV:石上静香>

 

 

 

長男クルト <CV:杉田智和>
次期領主の座に固執するバウマイスター騎士爵家長男

 

 

 

アマーリエ (CV:ゆかな)
マインバッハ騎士爵家の娘でクルトの妻

 

 

 

アルフレッド <CV:浪川大輔>
元ブライヒレーダー辺境伯お抱え筆頭魔法使いでヴェンデリンの師匠
フルネーム:アルフレッド・レインフォード

 

ブランターク <CV:屋良有作>
アルフレッドの師匠で、元冒険者のブライヒレーダー辺境伯家筆頭魔法使い
フルネーム:ブランターク・リングスタット

 

アームストロング (CV:山根雅史)
王国最強の武闘派王宮筆頭魔導士
フルネーム:クリムト・クリストフ・フォン・アームストロング

 

公式サイトより引用

 

八男って、それはないでしょう!のアニメ放映日や原作あらすじネタバレや声優など まとめ

放映日:2020年4月2日

・監督:三浦辰夫

・構成:宮本武史

・キャラクターデザイン:田辺謙司

・制作:シンエイ動画、SynergySP

 

原作は非常に長い作品なので、おそらく結構なシーンをカットで物語をサクサク進め、途中のキリが良い所(長男との問題解決辺り?)で終了するでしょう。

忠実にアニメ化すると、冒険者予備校に入学くらいで1クールが終わります(笑)

『俺たちの戦いはこれからだ!』的な感じで(笑)

その視聴率、その後の円盤(Blu-ray)の売上によって、2期の製作が決まると思われます。

 

非常に大好きな作品なので、アニメ化が本当に楽しみですね。(^^)

同じく、出版社:KADOKAWA レーベル:MFブックス の異世界作品である、『盾の勇者の成り上がり』が大ヒットしました。

そして、同じ異世界作品の『無職転生』もアニメ化が進んでいるようです。

まだまだ異世界作品ブームは続きそうですね☆彡

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。(^^)

 

こちらに、OP曲&ED曲についてまとめた記事も書いているので、よければ読んで下さい☆彡

↓↓

↑↑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました