日本呪術協会 マツコ月曜から夜更かしで紹介!効果や神社の場所について

番組
スポンサーリンク

こんにちは、マナウサです。

マツコ月曜から夜更かしの再放送で紹介されていた、日本呪術協会について今回は紹介していきたいと思います。

呪術というワード自体、何だか怪しげで怖いイメージですよね。

だけど、そんな事こそ怖いもの知りたさで知りたいと思ったりしませんか?(^^♪

スポンサーリンク

日本呪術協会とは何?

まず日本呪術協会とは、人々のもつ恨み事を、晴らしてくれる代行業者です。

呪いには相手の名前と生年月日が必要で、毎日10分の呪いを1週間続けることで呪いが成就するそうです。

テレビでは藁人形を使用し、恨みを晴らす為の儀式(木に藁人形を打ち付ける)の様子が放送されていました。

私個人的には人を呪ったりすると、自分に返しが来るのではないかと、怖い気がしますが、

藁人形は呪術師が作成している為、呪い返しが来ないようです。

これだと、少し安心ですね。

日本呪術協会の効果は?

実際に効果があるのかについて気になるところですよね。

依頼をすると、他人の不幸よりも、自分の幸せを望みましょうと説得されるようです。

本当に呪いを掛けるべきことだあるのか?と確認があり、少しでも自分自身に負い目があるのなら、やめた方がいい、と諭されるようです。

また、呪い以外にもご祈祷も請け負っています。

効果についての実体験もあるので、下記を参照ください。

日本呪術協会の神社の場所は何処?

京都の「北山」・「貴船神社」が本場だと言われているようです。

WEB上からでも、依頼を請け負って頂けるようになっています。

日本呪術協会についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?本来清らかな心を持って困難に打ち勝ってもらいたい思いと思ったのが

この活動のはじまりだったそうです。

生半可な気持ちで恨みを晴らす事をしないよう、依頼前にしっかりと依頼主の気持ちを確かめてく

ださるようなので、活動自体はまともな印象をうけました(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました