中島健郎(山岳カメラマン)のプロフ経歴や年収!奥さんや子供は?

芸能人・モデル・アイドル
スポンサーリンク

こんばんは、マナウサです。

2020年6月4日(木) 24時54分~ 放映された、 嵐の二宮和也さんの番組『ニノさん【二宮和也と…もしもこんな友達がいたら?お友達紹介バラエティー】』に、山岳カメラマンで登山家の『中島 健郎(なかじま けんろう)』さんがゲストとしてリモートで出演しました。

もしこんな人が友達にいたらあなたの毎日がちょっと変わるかもしれない!?

▽世界最高峰の挑戦に自ら同行し撮影し続ける山岳カメラマン!大自然の絶景と命のドラマに二宮も感動…

YAHOO TVガイドより引用

今回は中島健郎さんの経歴やプロフィール、年収や家族にについて調べてみました☆彡

スポンサーリンク

中島健郎の経歴プロフィール

名 前:中島 健郎(なかじま けんろう)

出身地:奈良県高取町

誕生日:1984年10月19日

年 齢:35歳

血液型:O型

トレードマーク:麦わら帽子

職 業:山岳カメラマン、登山家(アルピニスト)、山岳ガイド

所属先:㈱ウェック・トレック(東京都港区)

 

経 歴

父親が若い頃にワンダーフォーゲル部(登山部)に入っていて、小さい頃から背中に背負われて、家の裏山に登っていた。

その後、5歳の頃に父親が病気で逝去。

『父が見た世界を見てみたい』という思いから、登山に興味を持ち始める。

2003年4月、関西学院大学に入学し山岳部に入部。

そこで登山の基礎を学び、在学中に3度の海外遠征を経験し、2つの未踏峰に登頂成功

2008年3月、大学卒業後は、山岳ツアーを行っている会社『㈱ウェック・トレック』に就職し、山岳カメラマンの道を歩み出す。

㈱ウェック・トレックはエベレスト北東稜より世界初完登した『古野 淳』さんが代表取締役を務め、ダウラギリや2度のエベレスト登頂を成し遂げ、TV番組『イッテQ!』の登山部顧問も務めた『貫田 宗男』さんが顧問を務めています。

 

日本人初の8000メートル峰全14座の登頂者『竹内洋岳』からの信頼が厚く、13座目・14座目の登頂時のパートナーに指名される。

中島健郎さんのトレードマークと言われている『麦わら帽子』は、『竹内洋岳』さんからのプレゼントだそうです。

2012年以降、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」登山部シリーズにカメラマンとして参加。

その後も『ダウラギリ』『マッターホルン』など世界中の名峰の登頂に成功。

2017年8月22日、登山家『平出和也』のパートナー兼カメラマンとして、共にパキスタンの『シスパーレ (7,611m)』の北東壁の未踏ルート登攀に成功

平出和也さんと中島健郎さんはこの功績により、世界一の登山家に送られる『ピオレドール賞』を受賞!

2018年5月、エベレスト登頂に成功!

中島健郎の年収は?

中島健郎さんはフリーではなく、㈱ウェック・トレックに勤務している社員です。

勤務内容が人によって差があるので、おそらく最低保証賃金+出来高(インセンティブ)という給与体系ではないでしょうか?

一般的な山岳ガイドの月給は『20~30万円』です。

一般的な登山家の月給は『60万円前後』です。

中島健郎さんは若いですが実績はもちろん、多くのプロからの信頼もあり、長期間 危険な山に同行する事も多いので、平均額以上の給与は貰っているのではないでしょうか?

中島健郎に奥さんや子供はいる?

2014年に一般女性と結婚されています。

子供の有無について調べましたが、いるという情報は見つかりませんでした。

中島健郎についてまとめ

中島健郎さんは番組中でこう言われています。

人間がどう山と向き合うのか、という場面がある。

特に、厳しい環境の中では素の人間が出る。

誰で簡単に終わった登山はないと思う。

そんな世界を、僕の撮った写真や映像を通して『こういう世界があるんだな』という事を、届けられたら良いと思っている。

強い思いが伝わってきますね☆彡

中島健郎さんはまだまだ若いので、今後も活躍を続けていって欲しいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました