ビム(BIM)の本名や大学は?ラッパー経歴やwikiプロフ画像まとめ

音楽・歌手
スポンサーリンク

こんばんは、マナウサです。

今、若者を中心に大人気となっているラッパー『ビム』(BIM)さん。

独特な世界観とハイセンスなフローに定評がある若手ヒップホップ ユニット『THE OTOGIBANASHI’S』(ジ・オトギバナシズ)の創設者でもあり、CreativeDrugStoreにも所属する才能溢れる若き鬼才ラッパーです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

自分でデザインしてみたのを形にしてくれた。 世界に1着🌏🦈

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

歌手の『木村カエラ』さんが9月5日に開催した初のオンラインライブ『KAELA presents on-line LIVE 2020 “NEVERLAND”』を実施した際、ミニアルバムにも参加している『ビム』さんがゲストで登場し、とても盛り上がりました☆彡

今回はそんな『ビム』さんの本名や大学、ラッパー経歴やwikiプロフィール、画像などをまとめました!

スポンサーリンク

ビムの本名や大学は?

本名

『ビム』さんの本名は

『高木 優人 (たかぎ ゆうと)』 さんです。

大学

過去の書きこみより、ビムさんは『大学に通っていた』という事は判明しています。

そしてラッパーの『PUNPEE』さんが『BIMの通っていた大学の学祭に呼ばれた』とラジオで話しています。

PUNPEE』さんが出演した学祭としてヒットするのが『法政大学』である事から、『ビム』さんの通っていた大学は『法政大学』の可能性が高いのではないでしょうか?

ビムのラッパー経歴やwikiプロフィール

wikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Photo by @ryoheiambo

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

名 前:BIM(ビム)

本 名:高木 優人 (たかぎ ゆうと)

生年月日:1993年6月14日

年 齢:27歳 (2020年9月現在)

出 身:神奈川県川崎市

大 学:法政大学?

所属レーベル:SUMMIT

経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

明後日、THE OTOGIBANASHI’S

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

ビムさんは小学校の頃に放送部に所属していて、昼休みに好きな音楽をかけていました。

ある日『RIP SLYME』を流したところ、同級生からの反響があり、『音楽を流して周りを盛り上げるDJになりたい』という気持ちが芽生えました。

学生の頃は『ORANGE RANGE』や『銀杏BOYZ』等のバンドが世間で流行っていたものの、ビムさんは『DABO』や『キングギドラ』等の日本語ラップに傾倒していきました。

リリックを書き始めたのは中2の頃です。

部活は中学はバスケ、高校はアメフトに所属しています。

しかし、身長が足りず、主役にはなれなかったとの事。

『BEAM』(ビーム)というMCネームで、高校生の頃から本格的にラップを始める。

(DABOのヘッズで高校時代にサインももらっているそうです)

 

ラッパーの『PUNPEE』に憧れを持っていた当時高校生のビムさんは、PUNPEEが出演しているイベントに何度も足を運び、自分のPVを見てもらうなど猛プッシュをした結果、人気HIPHOPレーベルのSUMMIT』にへの加入が実現しました。

また、他にもトラックメイカーのdoooo(ドゥーク)率いる『CreativeDrugStore』というクリエイティブチームに所属し、その才能を発揮しています。

 

高1の時に、イケメンでHIPHOPが好きな同級生の存在を知りました。

それが後のメンバーとなる、『in-d』(インディ)でした。

in-dのmixi(当時は大人気SNS)には『BLAHRMY』や『DINARY』等のコミュニティが登録されているのを見て、ビムさんは一緒にラップをする事を提案しました。

in-dからは「高2の時にクラスが一緒になればやろう」と言われますが、当時12クラスもあったらしいので、これは遠回しに断られていた可能性?があります(笑)

しかし、運命なのか奇跡なのか、結果的には2人は高2で同じクラスとなった為、約束通りグループを結成!

in-dの同級生を入れ、3人で活動していたものの、in-dの同級生は受験の為、グループを引退。

ビムさんは地元の後輩『PalBedStock』(パルベッドストック)を誘い、加入が決定

そうして、2011年に現在のユニット『THE OTOGIBANASHI’S』(ジ・オトギバナシズ)が結成されました。

その後、YouTubeにアップした曲『Pool』が、『PUNPEE』など有名ラッパーにTwitterで紹介された事で世間の注目を集めました。

そこから人気に火が付き、2013年発売のデビューアルバム『TOY BOX』は、タワーレコードによる「タワレコメン」に選出され、アルバムはbounce誌上で2013年のベスト作品の1つとして挙げられています。

同年には『フジロック』への出演、、NIKEが発売した『FUELBAND』の広告アーティストとして選任されるなど、目覚ましい活躍を見せていきました。

その後も積極的に音楽活動を続けながら、映画『THE COCKPIT』への出演など活躍の場を広げています。

『THE OTOGIBANASHI’S』は世界観として「Disney & Rap」をコンセプトに掲げており、不思議で独特なリリックと心地のよいフローが魅力的な大注目の若手ユニットです。

ビムの画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dream ChaserのMV 2,000,000 views kZm、誘ってくれてサンキュー

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

BIMって奴、車の周りで増えがち。

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

おめでとうございます!

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

NOT BUSY Ver. mankeyさんがミニアルバム完成祝いで送ってくれました!! NOT BUSY放流まで、後4日。

BIM(@bim_otg)がシェアした投稿 –

どの写真でも、素敵な笑顔で良いですね☆彡

ビムの経歴wikiプロフィールまとめ

ビムさんの曲は、静かで心地よい歌声のラップなのでいつ聴いても心が癒されます☆彡

また、ビムさんは多くのアーティストと親交があり、YouTubeで再生回数368万回を超えている人気ラッパー『kZm』(HIPHOPクリエイター集団『YENTOWN』所属)の代表曲『Dream Chaser』に客演として登場しています。

本当にどの曲も良いですね☆彡

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました