レイジアジア2020の優勝賞金や参加人数は?過去大会結果まとめ

イベント
スポンサーリンク

こんばんは、マナウサです。

国内外のトッププレイヤーが一堂に会する、 RAGE史上最大規模の国際大会『RAGE ASIA 2020』(レイジアジア)が2020年8月29日(土)・30日(日)の2日連続で開催されます!

■「RAGE ASIA 2020」概要

大会名:「RAGE ASIA 2020」

ゲームタイトル:「Apex Legends」(エレクトロニック・アーツ)

PlayStation 4、Xbox One、Origin(PC)にて配信中

 

荒野行動-Knives Out-」(NetEase Games)

iOS/Android対応

主催:株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日

日程:8/29(土)、30(日)

開催方式:無観客オンライン形式での開催

配信方法:OPENREC.tv、Youtube

コロナの関係により、この大会は『無観客オンライン形式』で実施されます!

 

今回は優勝賞金や参加者、過去の大きいeスポーツ大会の優勝賞金などをまとめてみました☆彡

スポンサーリンク

レイジアジア2020の優勝賞金は?

賞金総額は 500万円 (内訳は後日発表)

と発表されています。

同じ『RAGE』の別の大会の賞金から考えると、優勝賞金は 300万円 と思われます。

レイジアジア2020の参加者は?

実施されないと分かりませんが、2020年21日(日)に開催された「RAGE Shadowverse 2020 Summer powered by AQUOS」の参加人数が 1万人 だったので、同じくらいではないでしょうか?

過去のeスポーツ大会結果や賞金

国内の大会

RAGE STREET FIGHTER V

同じ『RAGE』主催の『ストリートファイターV』の大会。

こちらの大会は

優勝賞金:総額300万円

(1位200万円、2位50万円、3位・4位各15万円、5位〜8位各5万円)

 

参加したプレイヤーの総数:256人

でした。

モンストグランプリ2017

こちらの大会は

優勝賞金:賞金総額5000万円

(1位チーム3,000万円、2位チーム1,000万円/3位×2チーム 500万円)

 

参加したプレイヤーの総数:総勢2100チームが参加

でした。

海外の大会

フォートナイトワールドカップ

人気ゲーム『フォートナイト』の運営元主催による海外の大会ですが

優勝賞金:3億2500万円  賞金総額33億6300万円

参加したプレイヤーの総数:4000万人以上

 

この大会の優勝者は16歳の少年でした!

DOTA2 The International 2018

MOBAタイトルの『DOTA2』の世界大会で、賞金が高額なことで有名な大会です。

優勝賞金は12億1500万円  賞金総額28億3800万円

参加したプレイヤー:シーズン総合上位チームの計18チームで争うシステムなので不明

 

日本とは賞金の桁が違い過ぎますね(笑)

レイジアジア2020についてまとめ

eスポーツの世界の競技人口は、約1億3,000万人と言われています。
特にアメリカでは競技人口が約1万人と、eスポーツ先進国であることが分かります。

ちなみに日本では約200人なので海外に比べてまだ少ないですが、国内でのeスポーツ大会が増えるなど、プロをめざす環境がだんだん整ってきています。

またeスポーツの観戦者の数は、世界中で約4.5億人というデータがあります。

ゲーム業界情報局より引用

日本でも『eスポーツ』は文化として根付いてきましたが、やはりまだ『ゲームで遊んでいるだけ』という認識があると感じます。

海外の高額賞金を見ても分かるように、これは『新しいスポーツ』と世界では認識されています。

海外の学校では、授業のカリキュラムとして『eスポーツ』を取り入れ、ゲームのテクニックに加え反射神経と体力トレーニングを日々行っているそうです。

 

もっとeスポーツに対する認識が良くなれば、今のプロ野球のようにお茶の間で家族団欒でeスポーツを観戦・応援するような日常がくるかもしれませんね。(^^)

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました